一戸建ての住宅ローンを7年で返済した話

こんにちは。kogasanaです。

 

今回は住宅ローンで一戸建てを購入して7年で返済したお話をしたいと思います。

※私自身の体験談ではありませんが実話です。

 

住宅ローンは一括で審査申し込みができます。

しかし!住宅ローンに対する心得を理解してから申込みをして下さいね!

 

 

35年ローンは足枷でしかない

これから住宅を購入しようとしている方はぜひ35年ローンを組まないようにして下さい。なんでかって?

 

その答えはYoutubeで「住宅ローン 払えない」と検索してみてください。

住宅ローンが払えずに泣く泣く家を手放している方が多くいらっしゃいます。

それではなぜ住宅ローンが払えなくなってしまうのでしょうか?

 

住宅ローンが払えなくなる理由

あくまでも私の考えではありますが、住宅ローンが払えなくなる理由は、次の4つが多いです。

 

・慢心(収入が多く入っても浪費してしまい、繰り上げ返済を一切しないなど)

・仕事が減ってしまった(自営業の方に多いです。仕事が減ると収入も減ります)

 ※サラリーマンの方は失業や転職などによって収入が減る可能性があります。

 

・病気になってしまった(70歳まで働くはずが60歳前に病気で倒れてしまったなど)

・返済額がキャパオーバー(見栄を張った結果、住宅価格が高くなってしまう)

 

住宅ローンを7年で完済した方法

それでは一戸建ての住宅ローンを7年で返済した時の話に入っていきたいと思います。

普通に生活をしていたら絶対に7年で返済はできません。

 

7年で返済するために心がけていたことは次の4つです。

 

・とにかく稼ぐ!

・返済額と同じ額を毎月貯金する。

・欲しいと思ったものはすぐに買わずに、「どうしても必要なのか?」と自分に問いかける

・外食はしない。とにかく固定費を削減する。

 

詳細についてはまたの機会にお話させていただくとして、住宅ローンを組むのであれば返済期間中は贅沢できないものと思って下さい。

 

特にサラリーマンの方はどれだけ頑張っても昇給やボーナスの幅が決まっているので大きく収入を増やすことが出来ません。

 

また、日本は累進課税を導入しているため、いくら年収が増えたとしてもそれに比例して支払う税金も多くなってしまいます。

 

生活レベルを下げる覚悟がないのであれば住宅ローンは組まないことです。

 

厳しいようですが、住宅ローンは審査が通って終わりではありません。完済するまでが住宅ローンです。

 

どうしても生活レベルを下げられないのであれば、最低でも毎月の返済額以上を副業で稼ぐ(奥様がパートに出る、ブログやyoutubeで収入を得るなど)ことができてから住宅ローンを申し込むようにしましょう。

 

ちなみに私の周囲で住宅ローンが払えずに競売にかけられてしまった事例もあります。

これについても別の機会にお話をさせていただければと思います。

 

私は住宅ローンを短期で返済することに成功した人と逆に住宅ローンが払えずに家を手放してしまった人の両方を知っています。

 

ぜひ私の記事を読んでいただいた上で住宅ローンを組むかどうかを検討してみましょう。

 

住宅ローンを組む覚悟ができたあなたはまず一括審査から始めてみましょう!